通勤時間で転職を考える前に考える通勤手段

通勤時間の長さは看護師にとって影響が大きく、時間がかかると体力的にも精神的にも負担がかかる場合がある。徒歩で30分もかかっていると体力的に厳しくなりがちだろう。車で30分というのも神経を尖らせている時間が長くなるため精神的に疲れが出てきてしまうことは否めない。通勤時間が長くて負担だから転職しようと考え始めたときには、決断する前に一つだけ考えておいた方が良い点がある。転職には大きな労力がかかるため、通勤手段を変えることで解決できる可能性だけは追求しておいた方が良いだろう。徒歩で時間がかかっていたというだけなら自転車で通うことも可能であり、車通勤ができるのならそれも十分な解決策になる可能性がある。ペーパードライバーだから車は運転したくないという人も、教習などを受けて運転に慣れてしまえば気軽に運転できるようになるだろう。また、車通勤をしていた人が運転の疲れを感じているのなら電車などを利用するのも一案である。もともと車社会で生活してきた人はあまり電車を好まない傾向があるが、場所によっては車よりも通勤時間がかからないことはよくあるので確認すると良い。

通勤手段の再考によって時間の短縮ができるだけでなく、通勤時間を楽しめる可能性も生じる。車を運転していると本は読めないが、電車通勤ならできるだろう。逆に電車から車に変えてみるとイヤホンを使わずに音楽などを聴きながら運転するのを楽しめるようになる。このような視点から通勤手段を一通り考えてみた上で、転職するかを決意しても遅くはない。